自分のパートナーや親しい人の素行に疑問が生じるようになったなど、身近な人はいつも近くにいる人なので変化に対して敏感な人も多いかと思いますが、それを相手が隠すような素振りを見せてくると心配や不安な気持ちはさらに増大してしまいます。
疑いたくないけど近い存在だけあって見ないフリはできないということで、素行調査に依頼するという流れになる人が多いのではないかと思いますが、プロに調べてもらい結果が出ることによって良くも悪くも気持ちはすっきりします。

また、信頼している人が隠したかったことは自分が不利になることだけでなく、自分に対して気を使って何かを隠しているというケースもあるので、素行調査を進めていく中で何かが発覚しても自分が傷つくことだけとは限りません。
互いに思うところが違って相手に対する不信感が募って、それがきっかけとなってトラブルや喧嘩が絶えなくなることもありますが、素行調査によって早い段階で相手のことを調べて相手の状態を把握しておくことによって疑いの目を向ける必要はありません。

また、相手のことを調べるということに対して背徳感を持つのは否めない部分ではありますが、その気持ちがあまりにも強すぎて態度に出てしまうようであれば、調査をさせるに至った態度に問題があると開き直ってしまうのも良いかもしれません。
いずれにしても信用して調査をすると何かあった時のダメージが大きいので、何かあるかもしれないという気持ちで調査を進めることが大事です。