探偵事務所に良く寄せられる相談依頼の中で、浮気調査の次に多いのが失踪者の捜索と言われています。生き別れた両親や、養父母に育てられた事実を大きくなってから告知され、海の親の顔が見たいと言った相談が多く寄せられているのだそうです。

しかし失踪者の捜索なら高額な費用を支払って探偵事務所に依頼しなくても、警察へ捜索願をかければ済む話じゃないかという方が居ますが、実は警察では捜索願を出しても警察は能動的に捜索を行いません。あくまで全国の警察で何かの職務質問をした場合や、なにかの事件に巻き込まれた加害者なり、被害者になって初めて捜索願が出されているというフラグが立つのです。

従ってこれらの事象が起きない限り、捜索願を出しても失踪者が見つかることはまずありません。しかし探偵事務所へ失踪者の捜索願をかけると、探偵事務所は能動的に失踪者の捜索に当たります。あらゆる方法を駆使して失踪者の捜索に当たるのです。具体的な方法はなかなか公表できないのですが、殆どのケースで見つけ出すことが出来ます。

但し中には既に他界している人や、外国へ出国しており、既に日本国籍がない人もいるそうでそういった場合はいくら探偵事務所でもそれ以降の調査はできないため、もし外国のどこに居住しているのかを確認したいのであれば、また別な機関に依頼する事になりますが、少なくとも日本国内の失踪者の捜索であれば、探偵事務所の強固な情報ネットワークを基に失踪者を見つけ出すことは可能です。